ドッグフードの人気比較方法

 

 

愛犬をいつまでも健康で長生きさせたいと思うなら、健康管理は大切です。大事な愛犬には、安心で安全なドッグフードを与えたいですよね。でも、どんなフードを与えればいいのか分からないというかたも多いです。そこで、安心・安全なドッグフードを集めて比較してみました。

 

 

 

安心、安全なドッグフードの条件

 

 

・1kg800円以上のフード

 

・合成添加物未使用

 

・農薬不使用

 

・良質な肉を中心に使ったフード

 

・穀物が少ないもの

 

・正規品、正規輸入品

 

※以上がドッグフードを選ぶ際の絶対条件といえます。これを踏まえて各メーカーで比較してみましょう。

 

 

 

人気ドッグフード・ランキング

 

・1位 カナガン
なんといっても穀物を100%使っていないことが最大の特徴です。アレルギー持ちのワンちゃんやお腹が弱い高齢のワンちゃんにも安心して与えられると評判です。主成分は鶏肉で、サツマイモや海草が含まれています。

 

・2位 ナチュラル
100%無添加。玄米やオーツ麦という食物繊維を使うことで消化吸収率を高めています。さらに、消化のいいラム肉を主成分にすることで、お腹が弱いワンちゃんにも適しています。

 

・3位 ネルソンズ
100%穀物不使用。さらに人工添加物もいっさい使っていないので、アレルギーのあるワンちゃんも安心して食べることができます。原材料は良質な鶏肉を中心に使っているので、筋肉や骨格の形成もサポートします。

 

・4位 ヤラー
低価格なのに添加物をいっさい使用していません。使用されている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックというこだわりを持ったドッグフードです。

 

・5位 ボッシュ
無農薬で、保存料・酸化防止剤などの添加物も不使用。鶏肉と牛肉を主な原材料にしています。

 

 

 

 

ドッグフードの選び方

 

・添加物入りのドッグフードの見分け方
紙袋に入ったドッグフード、紙袋入りなのに賞味期限が長いドッグフード、半生タイプのドッグフード。これらは、食品添加物がたっぷり入っている可能性が高いです。ワンちゃんが長期に渡ってドッグフードを食べ続けることを考えると、少しでも添加物の少ないフードを与えるのがよいでしょう。

 

・着色料に騙されない
野菜入りは緑、肉入りは茶色や赤というように、ドッグフードには鮮やかな色がついていることがありますが、これらは全て合成着色料です。避けたほうがいいでしょう。

 

・外国産もOK
食品は日本製が一番安全と思いがちですが、ドッグフードに関してはヨーロッパのほうが先進国です。原料や無農薬にこだわったフードはヨーロッパやアメリカ産のものが多いので、ぜひ取りいれてみましょう。